夏休みに行きたい、日本の絶景スポット【3選】

【静岡県】日本一の大吊橋「三島スカイウォーク」

静岡県三島市にある「三島スカイウォーク」は通称で、正式名称は「三島大吊橋」と言います。この橋の全長は400mで、歩行者専用の吊橋としては日本最長の吊橋です。車でのアクセスが便利で、箱根峠からは約10分、東名沼津ICや新東名長泉沼津ICからは15分で到着します。夏にオススメの理由は「三島大吊橋」を覆いつくす豊な自然を体験する事が出来るからです!橋からは日本を代表する「富士山」を見る事も出来ますよ。今年の夏は、日本最長の吊り橋から富士山を眺めてみてはいかがでしょうか?

【長野県】パワースポットとして人気「上高地」

日本最大級の山岳リゾート地の「上高地」は、約3000mの北アルプスの山々に囲まれた神秘的な土地です。パワースポットと呼ばれている理由は、山岳内に神社が多く、気温差から生まれる霧や雲海が幻想的だからです。 また、この場所は国の特別名勝・特別天然記念物(中部山岳国立公園の一部)に指定されている場所でもあり、夏場は避暑地として多くの観光客で賑わいます。山岳地帯にもかかわらず、バスターミナルがあるという点もこのリゾート地の特徴ですね。避暑地を探しているという方にオススメの場所ですよ!大自然の中で、日本の夏を感じてみて下さいね。

【山口県】ドライブに最適「角島大橋」

今年の夏はドライブをしてみませんか?山口県にある下関ICより車で約60分にある「角島大橋」は、大手旅行サイトで「日本の橋ランキング第一位」に選ばれた橋でドライブにも人気です。この橋のポイントは角島の美しい海を、ドライブをしながら見る事が出来るという点ですね。橋の入り口手前にある「海士ヶ瀬公園」に駐車する事が出来るので、じっくり景色を楽しみたいという方は「海士ヶ瀬公園(展望台・売店あり)」の駐車スペースを利用しましょう。

フラマイレーツで検索

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です